SSブログ

使途不明 [政治]

麻生内閣は2億5000万円の血税・官房機密費を何に使ったのか

2009年11月24日(火)10時0分配信 日刊ゲンダイ


●身内やマスコミにも大金バラまき人気取り画策?

 麻生政権は最後の最後までデタラメだった。衆院選惨敗で政権交代が確定した直後に、2億5000万円の官房機密費を支出していたことが20日、明らかになったのだ。ドサクサ紛れの血税の持ち逃げ、許していいわけがない。


 政府が公表した官房機密費の支出状況によると、04年4月から09年10月まで、ほぼ毎月同じ日に5000万円ずつの計1億円を国庫から出してきた。ところが、衆院選直後の今年9月1日だけは2億5000万円を支出。しかも、2週間後に鳩山政権が発足したときは金庫がカラッポだったというから驚きだ。

「政権交代が決まっても麻生内閣は続いていましたし、必要な支出もあったかもしれません。ただ、衆院選後の麻生首相には仕事らしい仕事がありませんでした。それまでの倍以上の機密費を使わなければならない理由は見当たりません」(政治評論家・有馬晴海氏)

 政府の公表前に国会でこの問題を取り上げた共産党の塩川鉄也衆院議員は、「麻生内閣が衆院選につぎ込んだ費用の後払いではないか」と追及した。

 ところが、平野官房長官は「河村前官房長官に聞いて欲しい」と言うだけ。返済猶予法案の強行採決で“共闘”した仲なのに、支出台帳をパラパラめくるわけでもなく、知らぬ存ぜぬを通した。

 一方の河村も「今、わたしは政権にある立場ではないので、答える立場にない」と“使った立場”のくせにワケの分からないコメントで逃げ回っている。自民党の官房長官経験者は「国家のため情報収集活動などに使った。イラクのサマワでの活動とか」と強調したが、どうもマユツバだ。

「間違いなく選挙時に使ったんでしょう」と言うのは、ある自民党関係者。

「当時、嫌われ者の麻生首相には応援要請がほとんどなかった。“あんな疫病神が来ると勝てるものも勝てない”と、どの陣営も敬遠したのです。しかし、党の総裁が応援ゼロでは格好がつかない。周辺は“お土産をたっぷり持っていくから”と候補者たちを説得。現金を大量にばらまくことで、なんとか取り繕ったといわれています」(前出の関係者)

 衆院選のマスコミ工作にも使われた公算が大きい。実際、あるメディア関係者は、自民党幹部に評論家やジャーナリストたちの取りまとめを打診されたという。

「麻生をホメるのは難しいかもしれないが、せめて叩かないで欲しいとの趣旨で、ン百万円という金額の提示もあった」(メディア関係者)

 これが事実なら、麻生政権を支持しない大多数の国民が汗水垂らして働いて納めた大切な税金が、麻生政権の人気取りのために使われていたことになる。まったくふざけた話だ。


●党や派閥の金庫に入った可能性も

 引き出せるだけ引き出して、党や派閥の金庫に放り込んだ可能性もある。

「惨敗で議員が激減し、政党助成金も大幅に減額される。これはヤバイと大急ぎで手を打ったわけです。それをやれるのは、森元首相と青木前参院議員会長あたりでしょう。そもそも麻生内閣は最大派閥の後ろ盾がなければニッチもサッチもいかない政権でした。河村官房長官は文教族で森元首相と近いし、党を任された細田幹事長も旧森派。官房機密費の使途も、森さんたちに牛耳られていた可能性は大です。森さんが盟友の青木さんと密室でゴニョゴニョやって決めたとしても不思議ではありません」(政界関係者)

 立つ鳥跡を濁さずというが、自民党には通用しない。この政党は骨の髄まで腐っている。

(日刊ゲンダイ2009年11月21日掲載)





 やはり創価学会と癒着がある者はこういう事を平気でしでかすから困ったものだ。まだ「言論出版妨害事件」を調査中なので、当時の自民党と公明党の癒着ぶりから見ると今から始まったことではない、としか言えない。安倍前首相と池田大作の密談といい、福田前首相と麻生前首相に貢物(?)といい、政権与党の“蜜”を吸い尽くした結果がこれだ。責任は創価学会・公明党にもある。自民党と公明党の癒着を徹底に追及すべきだ。そうしなければ、自民党は再生できない。

「自民党“公明派”」10年の功罪

「自民党“公明派”」10年の功罪

  • 作者: 古川 利明
  • 出版社/メーカー: 第三書館
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本



自民党・創価学会・公明党―国民不在の連立政権・秘史 (シリーズ世界と日本)

自民党・創価学会・公明党―国民不在の連立政権・秘史 (シリーズ世界と日本)

  • 作者: 江藤 俊介
  • 出版社/メーカー: 学習の友社
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 単行本



自民党・創価学会亡国論―日本を破滅に導く「致命的な欠陥」が、ここにある!

自民党・創価学会亡国論―日本を破滅に導く「致命的な欠陥」が、ここにある!

  • 作者: 屋山 太郎
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 単行本



nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 14

コメント 2

空飛ぶ食欲魔人

こんにちわ!
いつもご訪問&Niceありがとうございます!(●^o^●)
まあ・・・当然そうなるとは思ってましたけどね・・・
現政権でも・・1億使っているし(解っている分だけで・・・)
多分・・使い道は政策秘書の退職金かなぁ~(>_<)
by 空飛ぶ食欲魔人 (2009-11-24 13:11) 

竜眼寺暁

こんにちは!
やっぱ、与党の座に着くと変わってしまいますね。
日本の政治はこのままで良いのだろう?(-_-;)
直接、国民に返金をw
もしくはムダなお金を公開して国庫に返金を(-o-)/
by 竜眼寺暁 (2009-11-24 14:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

暁のファン募集中です☆ ヨロシクです(^^)/~~~

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます