So-net無料ブログ作成

油断大敵 [批判]

FORUM21より。

2010-8 特集/創価・公明敗北――参議院選挙の結果から見えるもの
また、激しい「コウモリ飛行」を始めるであろう「公明党=創価学会・池田大作」

古川利明
ジャーナリスト

 腰砕け民主の一人負け

 今度の参院選は、政権与党である民主党が、改選議席の54を大きく下回る44議席しか獲得できず、惨敗を喫した。非改選分の62議席と合わせてもトータルで106しかなく、現在、連立を組む国民新党(3議席)と合わせても過半数(122)には遠く手が届かない、「衆参間のねじれ」が、再び現出することになった。
 民主党の敗因は、既に語り尽くされた感もあるが、首相・菅直人の、余りにも唐突な「消費税増税発言」に尽きるだろう。あっさり言ってしまえば、今度の参院選は「民主の腰砕けによる、一人負け」であって、公明党(=創価学会・池田大作)をはじめとする他党が「勝った、勝った」とおおはしゃぎして、浮かれている状況ではないだろう。
 そこから、今度の参院選の結果を見ていくと、自民党は51議席を獲得し、選挙区の1人区では「21勝8敗」と圧倒したものの、比例では民主に次ぐ「第2党」に甘んじ、比例での獲得票数・議席数とも前回(07年)より落とし、1407万票(12議席)にとどまっている。
 また、渡辺喜美率いる「みんなの党」は、比例では公明を上回る794万票をはじき出し、選挙区当選組(3議席)と合わせて10議席を獲得した。参院選初登場で、いきなり、2桁の議席確保であるわけだから、「大勝利」であることは間違いない。ただ、「小鳩ダブル辞任」による「看板の架け替え効果」で、民主に戻りかかっていた大量の無党派層が、あの菅の「消費税増税発言」に幻滅し、「だったら、主張がまだ、比較的、ハッキリしているんで、物は試しに1回入れてみるか」というのが、大勢だったのではないだろうか。
 それゆえ、「風によって、また、いくらでも投票先が変わる」ことが予想されるため、今度のみんなの党の集票力が、今後の国政選挙でも継続するかどうかは、保証の限りではない。

 「比例は負け」の公明党

 そこで、公明党(=創価学会・池田大作)である。
 今回、公明党は、比例で763万票を獲得して6議席、選挙区では、東京、大阪、埼玉の3つで当選を果たし、合計で「9議席」だった。今回、改選が「11議席」だったわけだから、それを2つも下回っているわけだから、「勝利」とは到底、呼べないだろう。
 ただ、もう少し、細かく見ていくと、まず、選挙区だが、当初の世論調査では、東京はともかく、大阪、埼玉では劣勢が伝えられていたにもかかわらず、蓋を開けてみれば、「3人全員当選」、特に、定数3の大阪ではトップ当選だったわけだから、去年夏の総選挙で「小選挙区全滅」という屈辱的惨敗からすれば、何とか「老舗の第3党としての面目を保った」というところだろう。
 しかし、比例は、前回(07年)の776万票を、13万票だが下回り、獲得議席も「6」にとどまっている。今回、比例の改選議席が「8」だったことと合わせても、そこから、今回は2議席も落としているわけだから、比例では「敗北」である。
  地方レベルでは、例の「自公間の選挙協力」を温存したということで、「選挙区では自民に回す代わりに、比例では公明に入れてもらう」として、7月13日付日経新聞朝刊によれば、「九州・四国で獲得した票のうち、約1割が自民支持層だという」と紹介している。全体で、どのくらいの票数が、自民支持層が公明に投票してくれたかは不明だが、今回、改選を迎えた議員の選挙があった6年前(04年)は、公明は比例で862万票もはじき出しているのだ。
 自公連立を組むまでの創価学会の集票力は、「700万票台」、具体的には「700万票台半ば」が、せいぜいだった。しかし、その後、例の「自公選挙協力」によって、信濃町サイドは、自民党議員らの後援会名簿を出させ、そこに集中的な「F票取り」をかけることで、衆院とも合わせ、国政選挙では、比例では100万票を超える上積みを果たし、「第3党の座」を死守する原動力となってきたのである。それで考えると、今回の比例での「763万票」というのは、「自公連立以前」の獲得票数に戻っただけのことである。
 逆に言えば、自公間の選挙協力をやって、これだけの票数しか出ていないのであれば、「信濃町単独での集票力が低下している」と言っているようなものである。そこも含めて、今度の参院選では、信濃町は「比例は負け」というべきであるが、しかし、選挙区で3戦全勝したことで、その分を相殺した形になっている。その意味では、去年の衆院選を機に、全体の流れとしては低落傾向にはあるものの、「それでも、土俵際で、何とか踏み止まった」とはいえるのではないだろうか。

 「政権与党狙い」の本能でコウモリ飛行

 そこで、再び、「ねじれ」を迎えた国会における公明党(=創価学会・池田大作)の対応だが、現時点では、9月に行われる民主党代表選で、菅が再選される保証はどこにもなく、「誰」がなるか分からない段階で、はっきりとした予測は難しい。ただ、それでも公明党が、再び「激しいコウモリ飛行」を始めるであろうことは、ほぼ疑いないと思われる。
 というのは、池田大作の「天下取り」の根幹にある「総体革命」に集約されているように、「政権与党に入って、そこに居座り続ける」というのは、彼らの基本戦略というよりは、「本能」といっていい。ところが、菅の「消費税増税発言」が、国民の猛反発を買ってると見るや、「国民裏切る菅政権 公約違反の消費税上げ」「菅政権にレッドカード」(6月21日付公明新聞1面)と民主批判(正確には「菅批判」だが)のトーンを激化させている。その姿勢は、選挙後も継続してはいるものの、その一方で、代表の山口那津男が「(参院議長は)原則は比較第1党(の民主)が要職を占めるのがルール」と発言したことに、みんなの党代表の渡辺から「(公明党は)与党ボケしている」と噛みつかれたことに象徴されるように、さっそく、「コウモリ飛行」を始めている。
 秋の臨時国会以降、民主党から誰が、首相に選出されようとも、当面は、政策ごとの「部分連合」を模索していくことになると思われる。おそらく、「消費税増税」については、しばらく封印されるだろうが、さしあたっての重要法案になると思われる「郵政再国営化」「労働者派遣法改正」「公務員制度改革(人件費カット)」「高速道路無料化」については、「自民」と「民主」との間では、大きな隔たりがある。とりわけ、今回、大躍進した「みんなの党」は、財政・経済政策では、「小さな政府路線」を志向しているため、むしろ、自民党と共通する部分が多い。
 おそらく、ここらあたりから、「コウモリ」が「自分を高く売れる」と踏んで、見た目には、激しいジグザグ飛行を演じることで、民主サイドに揺さぶりをかけ、そこから「家の中」、すなわち、「政権与党」に入り込もうと、虎視眈々と狙っているのではないか、というのは十分に予想がつく。
 とりわけ、今、思い出されるのは、98年夏の参院選で、自民党が大惨敗を喫し、参院での過半数割れがさらに拡大した時のことである。責任を取って橋本内閣は退陣、後継には同じ経世会から小渕恵三が就いたが、このとき官房長官だった野中広務が自ら「国対」を主導する形で、当時の「小沢自由党」をクッションにした「自自公連立」へと持っていった。
 その根底にあったのは「切符はバラで買うより、定期がいい」という、単なる「数合わせ」でしかなかった。そうした「理念なき野合」の結果が、この「失われた10年」であったことを、我々は決して忘れてはならない。
 それゆえ、本誌をはじめとするジャーナリズムに必要なのは、再びキャスティング・ボートを握った公明党(=創価学会・池田大作)に対する、厳しい監視と適切な批判の継続である。それなくして、「この国の政治の真の民主化」はありえないと断言しておく。(文中・敬称略)

古川利明(ふるかわ・としあき)1965年生まれ。毎日新聞、東京新聞(中日新聞東京本社)記者を経て、フリージャーナリスト。著書に『システムとしての創価学会=公明党』『シンジケートとしての創価学会=公明党』『カルトとしての創価学会=池田大作』『デジタル・ヘル サイバー化監視社会の闇』『日本の裏金(上、下)』(いずれも第三書館刊)など。



先から訴えている通り、創価学会の野望は“総体革命”(日本支配)の完遂であり、
日本全国に池田思想を広めて池田王国の実現に向けて動いている。
これは白昼夢ではなく、現実である。
元公明党委員長・矢野純也氏が言う「私たち(国民)の半径50メートル以内に起きている」である。
それは教育であればPTAに紛れて思い通りに動かし、
政治では公明党OBや現役官僚を動員して暗躍している。
一般会員は池田を盲信して折伏(?)を行い、ノルマを課して金銭を徴収する。
それが池田大作の勲章や名誉市民に買われたち、また買収の材料となる。
常に彼らは動ける体制にあるのだ。

だが、やはり高齢化が進み、創価学会の実態をする者は少なくなり、
それを良い事に歴史を改ざんして若者に池田思想を洗脳させる。
いまの創価青年部はたいへん危険な存在であり、
平気で自分たちの目障りな者を暴力で止めさせ屈服させる。
現にそういう事件が起きた。
下手すれば殺人未遂の暴力事件である。

そういえば、もうそろそろ自分が住む区で区会議員の選挙が近づいている。
選挙に不正が無いように監視を強めなければならない。


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

暁のファン募集中です☆ ヨロシクです(^^)/~~~

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます